下調べが重要

看護師

東京で中絶手術をする時には、忙しい自分の時間を有効活用できそうな産婦人科を選ぶのがポイントです。また、男性の先生か女性の先生か希望がある場合には、行く前に下調べをしっかりと行っておきましょう。お金の準備やパートナーの同意も大切です。

事前にちゃんと確認しよう

女医

どれくらい掛かるのか

中絶手術は、病気の治療ではありませんので、費用は保険適用外になります。つまり、何らかの事情があって、中絶をしないといけない場合には、事前にきちんと費用を確認しておく必要があります。また、突然病院に行って、その日に手術を行う事は出来ません。手術前の検査も高くて2万円程度掛かります。手術自体は、安ければ7万円程度、高くなると15万円程度掛かります。この費用は産婦人科によって金額は様々ですので、不安な人は事前に確認をしておくと良いでしょう。本来であれば、望まない妊娠はしないほうが、母体に掛かる精神的負担も軽減する事が出来ます。日頃からきちんと気を付けて、中絶手術を受けないように、性生活には細心の注意を払うように心がけましょう。

親に相談をするのも大切

中絶手術に掛かる費用は、保険がききませんので、突然の出費に出す事が出来ない人も中にはいるでしょう。とはいえ、お金が貯まるまでお腹の中で成長をさせる訳にはいきません。ですので、万が一中絶手術の費用が払えない場合には、早期に親に相談をするようにしましょう。そして、病院で事前にどれくらいの費用が掛かるのかというのを確認しておくことも大切です。そうすればお金の準備もしやすくなりますので、大変おすすめですよ。また、できるだけ手術費用が安い病院を探している方は、比較サイトを参考にするのもいいでしょう。サイトでは料金別に一覧形式で病院が紹介さえているので、費用がかからないところを探せます。

適切な病院を選びましょう

悩むレディー

東京都内の産婦人科医に妊娠中絶に訪れる患者様は、仕事や職場の人間関係などでストレスを溜めている方も少なくありません。その上さらに中絶という女性にとっては身体的にも精神的にも大変ダメージのある行為をするわけですから、医師の方は、その患者様の心に寄り添う形でお話してくださる方である必要があります。

More Detail

安心が一番

相談

人工妊娠中絶を安全に受けるには、母体保護法指定医のところに行くべきというのが一番大きな特徴です。そのうえで、大阪のような大都市なら、それぞれの医療機関の付加価値などを鑑み、費用の相場とされる7万円から15万円の間でどれだけの費用を出すかを考えることになるでしょう。