痛風について知っておくべきこと【正しい知識】

man

先天性の病気

hospital

脳動静脈奇形は後天性ではなく先天性の病気です。生まれた時から脳の血管に異常がある状態であり、手術以外に完治させる方法はありません。部位によっては手術が極めて困難な場合もあり放射線治療などを施す場合もあります。

詳細を確認する

病院へ行こう

female

内科へ行こう

痛風のような症状が出た場合には、早めに病院を訪れるようにしましょう。その際には、痛風外来があればそこに、なければ内科を訪れるようにしましょう。痛風の痛みは、骨折などとは異なり骨格的な問題があるわけではありませんので、外科などを受診しても、十分な診療を受けることは出来ない可能性があります。病院ではまず、検査が行われます。検査は血液検査と尿検査、レントゲン検査などが行われます。痛風と間違われてしまうような病気は、様々ありますので、自己判断はしないようにしましょう。痛風は食生活や生活習慣と非常に密接に関係している病気ですので、医師の指示に従って、食生活や生活習慣を改善することを心掛けるようにしましょう。

間違いやすい病気

症状の出方や痛みが痛風によく似ている病気に「偽痛風」と呼ばれるものがあります。この偽痛風の症状は、関節の腫れや痛み、熱感があります。原因としては、ピロリン酸カルシウムが関節に沈着するためと言われています。痛風とは異なり、生活習慣や食生活の影響は少なく、遺伝によるものや副甲状腺機能が亢進するためであると言われています。ピロリン酸カルシウムを関節から取り除く方法は確立されていないため、治療は対症療法が基本です。偽痛風は、高齢になってから発症することが多いという特徴があります。そのため、骨がもろくなり関節の破壊が進んでしまう可能性があります。関節の痛みなどを感じた場合には、早めに医療機関を受診するということが大切です。

体に優しいがん治療

smiling

がんの治療は患者への負担も大きくつらい治療でした。しかし最近では体に優しく副作用が発生しないNK療法と呼ばれる治療法が注目されています。保険適用外ですが、体の持っている免疫力を回復させることで治療する画期的な方法です。

詳細を確認する

大阪市の総合病院

female

大阪市城東区には数多くの総合病院がある。城東区の総合病院には内科や外科、脳神経外科などのさまざまな診療科目があり、いろいろな病気を治療することができる。城東区の総合病院は老人医療に力を入れており、高齢者の健康の促進に貢献している。

詳細を確認する